自分の手で作り出す肌

化粧水

美容液の使い分け

40代は肌の悩みも少しずつ加速し、肌老化を穏やかにさせるためにも基礎化粧品の正しい選び方、使い方を知る必要が挙げられています。ただ単に肌に塗布するだけのケアによって、自分自身の手で老化のスピードを早めてしまっているため、正しいアプローチ法を知ることは重要と言えます。40代の肌老化の原因は加齢はもちろん、紫外線も影響されているため、最も効果を発揮させる基礎化粧品の1つが美容液です。有効成分が凝縮された美容液は、通常、1本をスキンケアに使っている女性が多いものの、配合されている成分によってもその役割は大きく異なります。また、バリア機能を発揮する朝とターンオーバーを促進させる夜で使い分けができる2ステップによって、有効成分を効果的に肌に浸透させることができるため、年代に合った昼夜の使い分けも必要と言われています。

重要なのは肌状態

40代女性の半数近くが、基礎化粧品としてオールインワン化粧品を使っていることが調査結果として挙げられています。化粧水・乳液・美容液などの機能を1つに凝縮させた化粧品で、様々な基礎化粧品の役割を担うことで、スキンケアにかける時間が取れない働き盛りや子育て中となる40代女性のサポート役となっています。ニーズが高まる中、オールインワン化粧品に対し、手抜きとなるスキンケアの印象を持つ女性も少なくはなく、効果を問題視するケースも取り上げられています。しかしながら、通常の基礎化粧品をシリーズで揃え、何段階ものお手入れに時間をかけてケアしたからといって、効果に差が生じるケースが少ないのも事実です。最も大事なことは、肌の状態にあわせて対策できるか否かで、ベストなオールインワン化粧品を選ぶことで、ワンステップでも充分過ぎる効果が手軽に得られます。